• 多肉植物の鉢
  • ビストロチェア
  • 観葉植物の鉢
  • 多肉植物の宝石箱
  • 培養土25L
  • 花のインテリア
  • 高麗芝TM9
  • 栽培セット
  • すてきな箱庭のつくり方
 

パンジー、ビオラの土14L

ゆっくり効く肥料入りで、春まで追肥いらず

パンジー・ビオラの土

有機素材を多く配合した、安心して花を育てられる培養土です
地力を高めるabコンポを配合しました
肥効期間の長い緩効性化成肥料を配合してあるので、追肥の必要がありません

主原料 木質堆肥、ココナッツファイバー、赤玉土、鹿沼土
適応植物 パンジー、ビオラ
サイズ 14L
パンジー、ビオラの土の使い方

秋〜冬のガーデンが華やぐ、パンジー・ビオラを植えてみよう

パンジー・ビオラQ&A

 
Q. 「パンジー」と「ビオラ」の違いは?
A. 簡単に言うと、花の大きいのが「パンジー」小さいのが「ビオラ」です。
パンジーとビオラを掛け合わせた品種もあり、境界線はあいまいです。
Q. パンジー、ビオラは初心者でも大丈夫?
A. 寒さに強く、秋から春にかけて咲き続けるので、ガーデニング初心者にも育てやすいお花です。
Q. どこに置いたらいい?
A. 耐寒性はありますが、日当たりがよく、雪が積もらない軒下やベランダなどに置いてあげましょう。
また、寒さが本格的になる前に植えつけて、しっかりと根を張らせることがポイントです。
Q. お世話するとき気をつけることは?
A. しおれた花びらを放っておくと種が付き、栄養がとられて株が弱ってきますので、こまめに花がらを摘むようにしましょう。
黄色くなった葉なども病気の原因になるので、しっかり拾います。
Q. 水やりはいつするの?
A. 土の表面が乾いたらたっぷりやりましょう。
冬の早朝や夕方だと土が凍ってしまうことがあるので、午前中の少し気温が上がってきたころにすると良いです。
Q. パンジー、ビオラの苗を選ぶとき、気を付けることは?
A. ・間伸びしていない(徒長していないもの)
→気温20℃以下の、涼しい時期になってからの購入がおすすめです。
・葉の色が濃い
・ポットの底穴から根が出ていない
・わき芽、葉数、つぼみ多い
Q. 「花ごころ パンジー・ビオラの土」のおすすめ点は?
A. ゆっくり効く肥料が入っているので追肥が要らないところです。
Q. 肥料はずっと要らないの?
A. 「花ごころ パンジー・ビオラの土」は、実験で約5ヶ月肥料効果が続くという結果が出ています。
単純に考えると、11月に植えれば3月まで、12月に植えれば4月まで追肥の必要がないことになります。
でも、元気がなくなってきた、長く咲かせる場合は、「花ごころ パンジー・ビオラの肥料」をご利用ください。
Q. もし土が余ったら、パンジー・ビオラ以外のお花に使っていい?
A. はい、問題ありません。保管するときは、湿気の少ない場所で、水分が入らないように気をつけてください。

パンジー、ビオラの土14L

価格:

810円 (税込)

[ポイント還元 8ポイント〜]
購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ